大阪大学

オンライン授業実践ガイド

オンライン教育ガイド
閉じる
閉じる

オンライン授業にはどのようなものがあるでしょうか?このページでは、非同時(オンデマンド)型と同時(リアルタイム)型に分けて、それぞれ10のケースを紹介しています。

  • 正確な情報を迅速に提供すべく努力していますが、アップデートできていないところやこちらで把握できていないところがあるかもしれません。大学の方針、およびサービスの提供内容も日々変わっておりますので、最新の情報については、他の情報も併せてご参照ください。
  • 大阪大学が提供する遠隔講義などの支援やサービスは、サイバーメディアセンターのウェブサイトをご覧ください。
  • 学生の通信環境は、大変難しい問題です。動画を配信するオンライン授業を実践される場合は、受講生に通信環境を確認するようにしてください。少なくとも授業初回は、通信量の負担が少ない選択肢(CASE1~CASE3)からスタートされるのが良いかもしれません。
オンライン授業実践ガイド(PDF版)
※随時更新中
 

オンライン授業実践法@阪大 10選!

配布資料
CASE1 資料をCLEにアップロード
配布資料音声講義
CASE2 講義音声をCLEにアップロード
  • ● 音声データのCLEへのアップロード方法はCASE1と同様です。
  • ● CLEはm4aに対応していませんので、iPhoneの「ボイスメモ」アプリで録音したものはmp3などに変換が必要です。mp3形式で録音されるICレコーダーを使うがオススメです。
配布資料音声講義スライド
CASE3 音声付きスライド
配布資料音声講義スライド板書ダウンロード禁止
CASE4 echo教室での自動収録
配布資料音声講義スライド板書ダウンロード禁止
CASE5 作成済み動画をCLEにアップロード
配布資料音声講義スライド板書ダウンロード禁止
CASE6 スライドとウェブカメラで動画を作成
配布資料音声講義スライド板書ダウンロード禁止学生との双方向
CASE7 CLEでのリアルタイム授業配信
配布資料音声講義スライド板書学生との双方向
CASE8 Zoomでのリアルタイム授業配信
(アップ先はYouTube)
配布資料音声講義スライド板書ダウンロード禁止学生との双方向
CASE9 Zoomでのリアルタイム授業配信
(アップ先はecho)
配布資料音声講義スライド板書ダウンロード禁止学生との双方向
CASE10 Zoomとロイロノートスクールを利用

お問い合わせ先(教職員のみ)

各種サービスのサポート、マニュアルの整備等は日々更新しておりますが、人的資源にも限りがあるため、全てのお問い合わせに迅速に対応することが難しいことをご了承ください。また、現在、お問い合わせが集中しており、電話での対応を控えております。ご不便おかけいたしますが、ご協力のほどお願いいたします。

    • ● CLEに関するご質問  →  cle-support[at]ecs.osaka-u.ac.jp
    •  * 学生は担当教員に相談するか、CLE上の学生サポートデスク掲示板でご質問ください。
      ● echoに関するご質問  →  echo360[at]celas.osaka-u.ac.jp
      ● その他オンライン授業に関するご質問  →  tlsc-support[at]celas.osaka-u.ac.jp