大阪大学
講義自動収録配信

Echo360

Echo360とは?

Echo360は、教室での授業や、講義に使用する映像・音声資料を収録し、授業後にその受講生に公開することができるシステムです。受講生は、全学IT認証基盤サービスのCLE上の各授業ページから、いつでも授業や資料を視聴することができ、各自の予習・復習に活用したり、教員と学生および学生間でディスカッションをしたりすることができます。

Universal Capture(旧Personal Capture)

お手持ちのPC・Macへ専用アプリケーションをインストールして、プレゼンテーションや音声の2画面収録が可能です(別途ウェブカメラ、マイク等が必要な場合があります)。

これまでは申込み受付の上、こちらで設定をしておりましたが、CLEのコースで動画を公開する場合はご自身でご利用までの手続きが可能になりました。

・使用開始〜公開までのステップ

  • 1.CLEからechoへのリンクを作成する 動画 PDF
  • 2.Universal Captureをインストールし、動画を収録・公開する 動画 PDF
  • 3.不要な部分をカット編集する 動画 PDF

※ライブ配信(一方向)も可能になりました。方法はこちらをご参照ください。学内では、odinsでのライブ配信は可能です。eduroamではライブ配信ができませんのでご注意ください。

Universal Capture 利用イメージ

コンテンツアップロード

事前に作成した動画や音声ファイル、PDFなどもアップロード可能です。YouTubeなどの動画アップロードサービスと同様に手軽に動画をアップロードし、受講生のみにダウンロードできない形で公開することが可能です。なお、コンテンツアップロードは、2画面を収録可能なユニバーサルキャプチャと異なり、1画面のみの配信となります。
利用可能なファイル形式:MP3、WHA、AVI、FLV、M4V、MP4、MOV、WMV、PDF、PPT、PPTX

これまでは申込み受付の上、こちらで設定をしておりましたが、CLEのコースで動画を公開する場合はご自身でご利用までの手続きが可能になりました。

・使用開始〜公開までのステップ

  • 1.CLEからechoへのリンクを作成する 動画 PDF
  • 2.動画をアップロード・公開する 動画 PDF
  • 3.不要な部分をカット編集する 動画 PDF

※コンテンツをアップロード後、「Your video is online」というメールが届きますが、まだ処理中にもかかわらず届くことがある事例が報告されております。アップロードした動画にアクセスした際に「エラーが発生しました。システム管理者に連絡してください。」と表示される場合は、もうしばらくお待ちいただき、再度アクセスをお試しください。

Echo教室での授業を自動収録

専用機器が設置された教室では、登録された教員の方の毎週の授業を自動で収録し、事後にCLE上に公開することができます。(2020年度秋〜冬学期よりライブ配信(一方向)に対応しました。収録には登録および、先生ご自身でCLEへのリンク作成をしていただくことが必要です。
教室での授業を収録するための専用の収録機器は、全学教育推進機構の18教室に設置されています。それ以外の単発的な授業や学内の教職員を対象とした講習・研修・説明会等もこれらの専用機器の操作を別途行うことで収録が可能です。

収録された授業の視聴画面イメージ

設置されている教室

A104,A201,A202,A212,A301,A302,A312,B107,B108,B118,B207,B208,B218,大講義室,豊中総合学館301,302,401,402

※現在、機材の不具合等により、B307、情報教育第2,4,5教室の運用を停止しております。また、一部の教室を除いて機器の経年劣化が進んでおり、収録に失敗することもございます。ご不便をおかけいたしますが、ご理解いただけますようお願いいたします。

※2020年度秋〜冬学期からライブ配信が可能となりましたが、2画面収録をした場合、特にスライド映像の解像度が悪いという現象が起こることがあります。その場合、①ブラウザの再読み込みをする、②しばらく再生し続ける、③ブラウザを再起動する、などの方法で改善する場合もございますので、見づらい場合はそちらをお試しください。

※A棟のA212、A312以外の教室は、DVD等、パソコン以外の出力が収録されない場合があります。ご利用の際はご注意ください。

Echo360: スケジュール収録の申込フォーム(教職員用)

このフォームでは、専用ハードウェアが設置された教室でのスケジュール収録(=収録時限や教室を設定した自動収録・配信)のみを受け付けています。ご希望の教職員の方は、以下の申込フォームよりご登録ください。Universal Captureおよびコンテンツアップロードは、2020年3月よりご自身で利用の手続きをしていただるようになりましたので申込は不要です。詳細はこちらをご参照ください。

echo教室での正課の授業が割り当てられている先生方には、学期開始前(およそ1ヶ月〜15日前)に利用希望調査を一括で実施しますので、そちらにご回答いただければ幸いです。割り当てられているにもかかわらず利用希望調査が届かない場合は、こちらのフォームをご利用ください。

学生の方へ

  • ※受講生が直接申込をすることはできません。
  • ※受講している講義のEcho360利用状況については、担当教員にお問合せください。

便利な機能|Echoを使いこなすためのTips

  • 1.ダウンロードの可・不可を設定する PDF

デフォルトではダウンロードできない設定になっています

  • 2.PPTやPDFをアップロードする PDF

PowerPointのスライドやPDFを動画と一緒に提示することができます
CLEと異なり、ダウンロードさせない設定が可能です

  • 3.去年のビデオを今年のコースで使う PDF

昨年収録した授業がある場合は今年のコースで使うことができます

  • 4.視聴履歴を分析する PDF

動画の視聴記録(視聴したかどうか、どのくらい視聴したか等)を確認できます

※視聴履歴は正確に反映されない、あるいは反映されるまで時間がかかる場合もあります。あくまで目安としてご利用ください。

  • 5.動画をURLから視聴できるようにする PDF

URLを発行して、外部から視聴できるようになります(原則学内関係者限定です)

  • 6.CLEから個別の動画へリンクを貼る PDF

1つのCLEリンクから1つのEchoの動画へのリンクを貼ることができます

  • 7.動画の視聴期間を設定する PDF

動画を視聴可能・不可能にする期間を設定することができます

  • 8.echoのページの言語を日本語に変更する PDF

echoのウェブページの言語を変更することができます

  • 9.Universal Captureでライブ配信をする PDF

Universal Captureを利用して、ライブ配信(一方向)をすることが可能になりました

  • 10.複数の動画をまとめたコレクションを作成する PDF

1つの講義を複数の動画に分けた場合、コレクションを作成してまとめることができます

Echo360の視聴推奨環境

Windows: FireFox, Chrome(Edgeを除外しました→5.13追記
Mac:FireFox, Chrome

  • ※ 現在、Catalina以前のMac OSのSafariでは、CLEからechoを視聴できないことが報告されています。Safariをご利用いただく場合は最新バージョンをご利用ください。
  • ※2020年5月現在、EdgeやVivaldiでもエラー画面が出る事象が報告されました。基本的には、FirefoxかChromeのいずれかをご利用ください。
  • ※ 2015年7月以降、サイバーメディアセンターの情報教育教室ならびに附属図書館のコンピュータからは視聴可能になりましたが、CALL教室からはご視聴いただけません。あしからずご了承ください。

よくある質問

Echo360設置教室の授業は勝手に収録されるのですか?
いいえ。各セメスターが始まる前に、Echo360設置教室を利用予定の先生に利用希望調査を行い、収録配信の希望をいただいた先生の授業のみ、希望の形態で収録・配信しています。
なぜこのようなシステムを導入したのですか?
学生の授業外での学習を支援するために、授業の復習での活用を目的に導入しています。またお手持ちのPCを使っての予習教材の作成もできますので、反転授業などへの活用も可能です。Echo360社のウェブサイトでも様々な活用事例が紹介されています。
学生はどのように視聴するのでしょうか?
大阪大学CLEにログインし、該当する授業を選択し、先生方が作成されたechoへのリンクをクリックすることで視聴することができます。
授業を収録して学生へ提供する具体的なメリットは?
授業収録には、以下のようなメリットがあります。
  • 1.学生が授業をあとで復習できる。
  • 2.病気などで、講義に出席できなかった場合でも講義内容を知ることができる。
  • 3.留学生など講義のスピードについていけない学生にとって、あとで講義を聞き直すことができる。
  • 4.教員が自分自身の講義を点検することができる。
  • 5.教室での授業を受けることが難しい学生にも学習環境を提供することができる。
などが挙げられます。
学生が授業に出席しなくなるのではないでしょうか?
現在のところ、出席率低下の報告はそれほどありませんが、学生が「出席せずに動画を見ればよい」という姿勢を身につけてしまうことは懸念されます。Echo360を活用していただく際には,対面での講義に置き換わるものではないことを学生にしっかり伝える必要があります。
収録した授業映像が学生に拡散されてしまわないか心配です。
授業の映像は大阪大学CLEから、授業の受講者のみが視聴可能です。また授業映像はデフォルトの設定では、直接ダウンロードすることはできないようになっています(パソコンの画面を撮影したり、画面キャプチャソフトを使用したりする場合はこの限りではありません)。
システムの利用は有料ですか?
阪大の教職員の方は無料で利用することができます。
新たにecho収録機器(アプライアンス)を導入したいのですが、
どうすればよいですか?
アプライアンスを新規で導入する場合は、大阪大学で契約しているライセンスの元で管理する必要がございますので、まずは下記のお問合せ先までご相談ください。
 
その他
お問合せ先
echo360<at>celas.osaka-u.ac.jpまでお願いいたします。
*<at>を@にかえてお送りください