大阪大学

書籍

所属教員の書籍等 授業設計
大学生の主体的学びを促すカリキュラム・デザイン
編著者 日本高等教育開発協会・ベネッセ教育総合研究所編、佐藤浩章・山田剛史・樋口健 編集代表
出版社 ナカニシヤ出版
出版年 2016
全国の国立・公立・私立大学の学科長への大規模なアンケート調査(2376学科から回収)と多様なケーススタディから見えてきたカリキュラム改定の方向性とは何か。近年の動向について現場の実践者の視点を交えながら高等教育の専門家たちが迫る。主体的な学びは,各授業における学生の参画や双方向授業の展開といったミクロシーンにとどまるものではない。むしろ,アクティブ・ラーニングの取り組みを,カリキュラムの中に,理念的にも制度的にも明確かつ適切に位置づけて組織的に展開すること,すなわち「アクティブ・ラーニングをカリキュラムで生かし」「カリキュラムによって学生を育てる」という発想に基づく学士課程教育の再構築が求められている。(「はじめに」より)