大阪大学

オンライン授業事例(Introduction to Cultural Anthropology)

Introduction to Cultural Anthropology
2020年
Introduction to Cultural Anthropology
 
担当教員 モハーチ ゲルゲイ
人間科学研究科
科目名 Introduction to Cultural Anthropology
履修学年 2-4
履修者数 24

授業形式

リアルタイム型ビデオ会議(Zoom)+スライド講義

活用しているツール 

Zoom/大阪大学CLE 

成績評価として活用する予定のもの 

ウェブ上でのミニ試験
口頭試問

ある1コマの授業プラン

授業前 【教員】CLEに講義資料をアップロードし、学生に教科書の該当ページなど学習内容を伝える。
【学生】教科書の該当ページを読んでくる。
授業中 【学生】講義資料に従う講義にZoomで参加し、15分程度グループワークを行う。(90分)
授業後 特になし

オンライン授業にするにあたって工夫していること

グループワークにより、学生同士のディスカッションを充実させるためにZoomのBreakout Roomを活用しています。

オンライン授業で悩まれている先生へのメッセージ

以下の二つの教材関連サイトをお勧めします。
• 新型コロナウイルスへの対応:無償でアクセスできるデータベース・電子ジャーナル・電子ブック:
https://www.library.osaka-u.ac.jp/off_campus_covid-19/

• Tips & Tricks: Teachers Educating on Zoom:
https://zoom.us/docs/doc/Tips%20and%20Tricks%20for%20Teachers%20Educating%20on%20Zoom.pdf

本授業のウェブサイト

https://anthro1.wordpress.com