大阪大学

オンライン授業事例(Performance Workshop)

オンライン授業実践ガイド
閉じる
閉じる
Performance Workshop
2020年
Performance Workshop
 
担当教員 グエン ヘルヴァソン
大阪大学院言語学学部
科目名 Performance Workshop
履修学年 1-2年
履修者数 270

授業形式

オンデマンド型テキスト講義:講義資料(音声や動画はない)をアップロード
オンデマンド型スライド講義:音声入りスライドや映像をアップロード
オンデマンド型動画講義:動画(基本的に教員の映像あり)をアップロード
リアルタイム型動画講義:リアルタイム(基本的に教員の映像あり)で動画を配信
リアルタイム型スライド講義:音声入りスライドを配信

活用しているツール 

KOAN/Blackboard Collaborate Ultra/Zoom/YouTube/Googleドライブ(ドキュメント、スライド、スプレッドシート等)/大阪大学CLE 

成績評価として活用する予定のもの 

ミニレポート
プレゼンテーション
Zoom meeting participation

ある1コマの授業プラン

授業前 【教員】CLEやYoutubeに講義資料をアップロードし、学生に学習内容を伝える。
授業中 【学生】講義資料を読み、課題に取り組む。Zoomで参加する。
授業後 【学生】課題をCLEに提出する。
【教員】学生の課題に対してフィードバックをCLEに提示する。次の授業中にフィードバックする。
【学生】フィードバックの内容を確認し、復習する。

オンライン授業にするにあたって工夫していること

PC、Tablet