大阪大学

オンライン授業事例(臨床病理学)

臨床病理学
2020年
臨床病理学
 
担当教員 三善 英知(保健学科)
科目名 臨床病理学
履修学年 4年
履修者数 43

授業形式

オンデマンド型テキスト講義:講義資料(音声や動画はない)をアップロード
その他:New England Journal of MedicineのCPCケースレポート

活用しているツール 

KOAN/大阪大学CLE

成績評価として活用する予定のもの 

ミニレポート
毎回のコメントシート
プレゼンテーション
独創性の高い質問、small groupでの評価

ある1コマの授業プラン

授業前 【教員】講義資料の準備、試験の準備
授業中 【学生】グループdiscussion(授業は1週間でいつでも受講可能)
授業後 【教員】試験、質問のチェックと学生へのfeedback

オンライン授業にするにあたって工夫していること

オンライン講義が十分できない学生に対する配慮

学生の反応

昨年までの対面講義に比べて、学生は勉強する時間も多いので、内容の濃い質問がきます。
学生が作成する発表資料の質も高いです。