大阪大学

オンライン授業事例(化学基礎論AI)

化学基礎論AI
2020年
化学基礎論AI
 
担当教員 橋爪 章仁(理学研究科)
科目名 化学基礎論AI
履修学年 1年
履修者数 107

授業形式

オンデマンド型動画講義:動画(基本的に教員の映像あり)をアップロード
その他:教科書通りに授業を進めるため、教科書をノートに書き写すことを課題にしている

活用しているツール 

echo(収録済みの動画等のアップロード)/大阪大学CLE

成績評価として活用する予定のもの 

ミニレポート
最終レポート
自筆ノート(学生の登校が可能となった場合)

ある1コマの授業プラン

授業前 【教員】CLEに講義資料をアップロードし、学生に教科書の該当ページなど学習内容を伝える。
授業中 【学生】講義資料を読み、課題に取り組む。(90分)
授業後 【学生】課題(レポート等)をCLEに提出する。
【教員】学生の課題に対してフィードバックをCLEに提示する。

オンライン授業にするにあたって工夫していること

  • ・課題は、時間的余裕を持ってCLEにアップしています。
  • ・学生からの質問はなるべく早く回答するようにしています。
  • ・5月以降、Blackboard Collaborate Ultraを用いて同時双方向型で質問を受け付ける予定です。
  • ・Echo360にオープニングトーク動画をアップしています。

オンライン授業で悩まれている先生へのメッセージ

試行錯誤が必要だと思っています。
できることから実行して、徐々に改善できればよいように感じています。