大阪大学
大阪大学のオンライン授業実践事例一覧

放射薬品化学

オンライン授業実践ガイド
閉じる
閉じる
担当教員 細井 理恵(医学系研究科)
履修学年 3年
履修者数 40程度

授業形式

オンデマンド型テキスト講義:講義資料(音声や動画はない)をアップロード
オンデマンド型スライド講義:音声入りスライドや映像をアップロード

活用しているツール 

KOAN/echo(収録済みの動画等のアップロード)/大阪大学CLE

成績評価として活用する予定のもの

ウェブ上でのミニ試験
ミニレポート

ある1コマの授業プラン

授業前 【教員】CLEに講義資料をアップロード、echoに動画をアップロードする。
【学生】CLEより講義資料をダウンロードする。
授業中 【学生】echoの動画を見ながら、手元の講義資料に必要事項を記入する。
授業後 【学生】CLEで授業内容に沿った小テスト実施する。
【教員】小テストで学生が間違いやすい箇所を確認する。

オンライン授業にするにあたって工夫していること

小テストを実施することで重要な箇所を復習できるようにしています。

オンライン授業で悩まれている先生へのメッセージ

テスト問題は自動でランダム出題するようにしています。 講義の動画を作成する際に、90分のものを作成するのではなく、小分けにした方が学生にとってよいと講習で教えていただきました。

お問い合わせ先(教職員のみ)

  • ● CLEに関するご質問  →  cle-support[at]ecs.osaka-u.ac.jp
  •  * 学生は担当教員に相談するか、CLE上の学生サポートデスク掲示板でご質問ください。
    ● echoに関するご質問  →  echo360[at]celas.osaka-u.ac.jp
    ● その他のご質問  →  tlsc-support[at]celas.osaka-u.ac.jp