コンテンツに飛ぶ | ナビゲーションに飛ぶ

Personal tools
現在位置: ホーム / 教育支援 / コースデザインワークショップ / コースデザインワークショップ(2日間)

コースデザインワークショップ(2日間)

授業デザインワークショップ

目的

学生の学習を促すために、よりよい授業のデザイン方法と基本的な授業方法を身につける。

到達目標

①  適切な授業目的・目標設定ができるようになる。
②  わかりやすいシラバスを書くことができるようになる。
③  様々な授業方法を知り、目的・目標にあった方法を選択できるようになる。
④ 様々な学習評価方法を知り、目的・目標にあった方法を選択できるようになる。
⑤ グループ学習の手法を、自らの授業で導入することができるようになる。
⑥ 継続的な授業改善に必要な学部・研究科を超えた教員間のネットワークを構築する。

主な対象者

これから授業を担当する教員、すでに授業経験のある教員でシラバスと授業方法をよりよいものにしたい教員

日時と場所

宿泊型研修
日時:1日目9時~2日目14時頃
場所:スペースアルファ神戸(豊中キャンパスからバス送迎つき)

通い型研修
日時:1日目9時~2日目18時頃

参加費

無料 (*交流会費として2000円ご負担いただいております)

受講定員

20名

主な対象

これから大学で授業を担当する予定の教員、すでに実施している授業を見直したい教員

講師

佐藤浩章、根岸千悠、浦田悠、増澤利光(全学教育推進機構教育学習支援部

内容

1.オリエンテーション (研修の目的・目標の確認/スタッフ紹介とお願い)
2.アイスブレーキング (参加者自己紹介/緊張緩和のためのグループワーク)
3.ミニ講義Ⅰ (自学自習を促すシラバス作成法:目的と目標の違い/目標と評価を対応させる/記憶・理解を促し、動機を高める学習順序)
4.ワークⅠ (シラバス作成とコースデザイン)
5.ミニ講義Ⅱ (様々な授業方法:講義法のメリット・デメリット/PBL/グループワーク/反転授業/ICT活用)
6.ワークⅡ (授業方法・学習評価方法の選択)
7.中間発表
8.ワークⅢ (クラスデザインと教材作成)
9.ミニ講義Ⅲ (厳密・公平・時短の学習評価方法)
10.ワークⅣ (授業練習)
11.模擬授業 (10分間の模擬授業と授業研究)
12.振り返り

※2日間のコースでは、与えられた学習テーマに基づき、グループ内メンバーで同一のシラバスを作成します。まだ授業を担当したことがない教員、連続する授業の一部しか担当していない教員、グループで課題を遂行する学習スタイルを好む教員、短期間で集中して学習したい教員の皆様に推奨します。

※宿泊型では、1日目の朝に豊中キャンパスより蛍池駅経由でバスで移動します。集合時間に遅れた方は、各自でスペースアルファ神戸までの移動をお願いいたします。(また、その際の移動にかかる費用は自己負担でお願いいたします。)

※いずれも通し研修となります。途中からの参加・退出はできません。

タグ:
« 2017 年 10月 »
10月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031
これからのイベント
edX edgeを使った学内向けオンライン教材作成法(豊中) 2017年10月25日 14時40分 - 16時40分 — 【豊中】全学教育 管理・講義A棟 3階 HALC2 (A312)
これからのイベント...
This is themeComment