コンテンツに飛ぶ | ナビゲーションに飛ぶ

Personal tools
現在位置: ホーム / キャリア開発・学習支援 / 阪大FFP

未来の大学教員養成プログラム

大阪大学未来の大学教員養成プログラム(阪大FFP)
Osaka University Future Faculty Program

将来大学教員を目指す大学院生の皆さん、教育力のトレーニングは十分ですか?

研究科の枠を越えた、「教育」でつながるネットワークを築きませんか?

 

 今、大学現場では、研究力はもちろん、教育力も求められています。採用面接の際には、シラバスの提示や模擬授業の実践を課すところも多くなってきました。「大阪大学未来の大学教員養成プログラム」では、大学教員として教壇に立つための様々なノウハウや就職時の公募書類の書き方・面接対応を学びます。大学教員志望の方はもちろん、人材育成や教えることに興味がある方を募集します。すべての研究科の大学院生が履修できますので、研究科の枠を超えて、様々な方と教育について考えてみませんか。受講希望の方は以下をよくお読みの上、WEBエントリーしてください。お待ちしています!

 

プログラム 
科目名
開講学期
選択/必修
内容
履修条件
大学授業開発論Ⅰ

春~夏学期
[豊中] 隔週木曜6,7限

秋~冬学期
[吹田] 集中(10/20-22)

必修

授業デザインと基本的な教育技法に関わる知識学習と技能トレーニング

大学授業開発論Ⅱ

春~夏学期
[豊中] 集中(4/15, 4/22, 8/5ほか)

秋~冬学期
[豊中] 集中(10/7, 10/14, 2/3ほか)

必修

高度な教育技法のトレーニング、授業実習、授業参観

大学授業開発論Ⅰを履修済み

大学授業開発論Ⅲ

秋~冬学期
[豊中] 集中(2/14-16)

必修

教育・研究・社会貢献の抱負の作成、教育研究の計画

大学授業開発論Ⅰを履修済み(大学授業開発論Ⅱを履修済みであることが望ましい)

学術的文章の作法とその指導

秋~冬学期
[豊中]木曜3限 

選択

ライティング指導のトレーニング

現代キャリアデザイン特論

春~夏学期
[豊中] 集中 

選択

大学院での学びとキャリアデザイン

大学院生のための調査・統計入門

秋~冬学期
[豊中] 水曜6限
選択 調査や統計に関する基本的な知識学習
  ※副プログラムの修了とは関係なく、「大学授業開発論Ⅰ」のみの受講、選択科目のみの受講もできます。
 「大学授業開発論Ⅰ」の受講希望される場合は、必ずWEBエントリーをしてください。
高度副プログラムの修了要件

    8単位以上

説明会の日程

  副専攻/高度副プログラム 合同ガイダンス 2017にお越しください。(入退場自由)

 【吹田キャンパス】
  日時:2017年4月11日(火)11:30-13:30
  場所:産学連携本部C棟3階 e-square さいえんす工房

 【豊中キャンパス】
  日時:2017年4月14日(金)11:30-13:30
  場所:基礎工学国際棟1階 セミナー室

授業の様子
   

 

WEBエントリー(※大学授業開発論Ⅰを受講される方は必ずエントリーを行ってください)

  WEBエントリーはこちらから!!


 ※2017年4月11日、14日の合同ガイダンスに参加できない方は、
  必ず以下の方法でガイダンスビデオを視聴してから、WEBエントリーをしてください。
  (STA講習会等で説明を受けた方はそのままWEBエントリーにお進みください) 

   ① こちらのCLEのコミュニティ「大阪大学ID」でログインする。
   ② CLEのコミュニティ「教育学習支援センター 学習支援」に登録する。
    (エラー画面になる場合がありますが、左下にある「+登録」ボタンがありますので、
     そのままクリックしてください)
 
   ③ コミュニティに入ったら左側にある「EchoCenter」をクリックし、
              「FFPガイダンスビデオ_150320」を視聴する。

 ※春~夏学期のエントリーは4月16日(日)まで募集します。受講の可否は4月17日(月)にメールにてご連絡します。
 ※秋~冬学期のエントリーは10月4日(水)まで募集します。受講の可否は10月6日(金)にメールにてご連絡します。 
 エントリーしたにもかかわらず受講の可否のメールが届かない場合は問い合わせ先までお問い合わせください。 


よくあるご質問(FAQ)

  「阪大FFP」に関するよくある質問はこちら

 

ちらし

  

お問い合わせ

  tlsc<at>celas.osaka-u.ac.jp (FFP担当) ※<at>は@に変更の上、ご連絡ください。 

 

This is themeComment