コンテンツに飛ぶ | ナビゲーションに飛ぶ

Personal tools
現在位置: ホーム / キャリア開発・学習支援 / 阪大FFP / よくあるご質問(FAQ)

よくあるご質問(FAQ)

「阪大FFP」に関するよくある質問をまとめました。
その他ご不明な点は教育学習支援部(tlsc<at>celas.osaka-u.ac.jp)までお尋ねください。


FFP全体について

Q. 4月の合同ガイダンスに出られなかったのですが、個別の説明会はありますか?

A. 個別の説明会は開催していません。
  合同ガイダンスに参加できなかった場合は、
以下の方法でガイダンスビデオをご覧ください。

   ① こちらのCLEのコミュニティ「大阪大学ID」でログインする。
   ② CLEのコミュニティ「教育学習支援コモンズ(学習支援)」に登録する。
    (エラー画面になる場合がありますが、左下にある「+登録」ボタンがありますので、
     そのままクリックしてください)
 
   ③ コミュニティに入ったら左側にある「コンテンツ」をクリックし、
    「EchoCenter」から「FFPガイダンスビデオ_150320」を視聴する。

 

Q. 1年間でプログラムを修了しなければなりませんか?

A. 1年以内などの期間の指定はありません。


Q. 「大学授業開発論Ⅲ」を履修してから「大学授業開発論Ⅱ」を履修してもよろしいでしょうか?

A. 大丈夫です。ただし「大学授業開発論Ⅲ」は研究活動のみならず教育活動を言語化する内容を伴います。
    そのため特に大学での
授業経験があまりない場合は「大学授業開発論Ⅱ」から履修することをお勧めしています。
 

Q. 副プログラムの登録はどのようにすればよいですか?

A. WEBエントリーの選考の結果、受け入れが決定しましたら、全学教育推進機構教育学習支援部が取りまとめて副プログラムに登録しますので、
  個別に登録していただく手続きはありません。科目の履修登録のみ進めてください。 


Q. 副プログラムの修了証はいつ、どのようにもらえますか?

A.  大学院修了時に学位記とともに副プログラムの修了証が授与されます。


Q. 「大学授業開発論Ⅲ」は「大学授業開発論Ⅰ」の履修が必要だと書いてありますが、2学期に2つ受講することはできますか?

A. 可能です。ただし、万が一Ⅰが修了できなかった場合(授業に欠席してしまい課題が出せなかった場合など)は、Ⅲの受講ができませんので、ご注意ください。


Q. 「大学授業開発論Ⅰ」の受入許可のメールをもらったのですが、今年度は都合により履修ができなくなりました。次年度再度エントリーが必要ですか?

A. はい、必要です。再度「大学授業開発論Ⅰ」を履修したい年度にエントリーしてください。
  また履修取り消しを希望される場合は、必ず教育学習支援部までご連絡ください。 

 

「大学授業開発論Ⅰ」「大学授業開発論Ⅲ」の集中講義について

Q.  集中講義にどうしても1日だけ出られないのですが、単位は取得できますか?

A. 集中講義は1日欠席した場合でも5コマ分の欠席となってしまいます。また本講義では、3日間、毎日授業で学んだことに関係する課題が出ます。そのため単位の取得は難しいとお考えください。

 

「現代キャリアデザイン特論」について

Q. 授業のある日時に大阪にいないのですが、Skypeなどで授業に参加することは可能でしょうか?

A. やむを得ない事情がある場合に限ってSkype参加を認めることがあります。早めに主担当教員に相談してください。

 

This is themeComment