コンテンツに飛ぶ | ナビゲーションに飛ぶ

Personal tools
現在位置: ホーム / イベント / 【活動報告】ルーブリック評価(吹田)

【活動報告】ルーブリック評価(吹田)

日時 2018年05月14日
13時00分 から 15時00分 まで
場所 【吹田】コンベンションセンター会議室2
カレンダーに追加 vCal
iCal

* 本セミナーは5月10日(木)13:00-15:00(豊中)でも開催されます。

概要

1枚目のレポートの採点基準と50枚目のそれがずれていると気になったことはありませんか?評価にかける時間をもっと短縮できたらと思ったことはありませんか?ルーブリックがそんな悩みを解決してくれます。ルーブリックとは、教育・学習成果の評価の厳密化と効率化を進めるために使われる評価ツールです。本セミナーではルーブリックの作成手続きと様々な事例を紹介しながら、研修時間内に自らの授業で活用できるルーブリックを作成します。成績評価の厳密化と効率化を進めたい教員だけではなく、カリキュラム・プログラム評価に関心のある教職員、人事評価に関心のある教職員の方にも有用な内容です。 
* 参加者は事前に送付されるファイルを取り込んだパソコンを持参ください。持参できない場合はパソコンを使わずに紙で作業もできます。

講師

教員研修プログラム区分

教育能力開発プログラム

対象

大阪大学全教職員

定員

30名

アクセス

こちらをご覧ください

過去の参加者の声

◎ 実際の成績評価に役立つ内容だった。また、一度作ったルーブリックも完全なものでなく改訂する必要があるということや、不適切な項目などを作ってしまうと逆に評価しにくくなるということなど注意点もわかりました。
◎ ルーブリックは3回見直す(1回で完璧なものはできない)ということがわかりほっとしました。作る順序などが分かったので、あとモデル例もダウンロードできるので、参考にして作る意欲がわきました。ありがとうございました。

申込

終了しました。

------------------------------------

活動報告

〔セミナー当日の写真〕

 


 〔参加者の声〕
◎ ルーブリック評価について理解できた。参考になるサイトがわかって良かった。使っていきたい。

◎ 学生と協同して解決にあたる手法が知れて良かった。

 

« 2018 年 6月 »
6月
12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
これからのイベント
第14回 コースデザインワークショップ(2日間/通い型) 2018年07月14日 - 2018年07月15日 — 全学教育推進機構 HALC2(A棟312)
これからのイベント...
This is themeComment