コンテンツに飛ぶ | ナビゲーションに飛ぶ

Personal tools
現在位置: ホーム / イベント / 【活動報告】大学教員公募書類の効果的な書き方(教育業績編)

【活動報告】大学教員公募書類の効果的な書き方(教育業績編)

日時 2018年03月02日
16時00分 から 18時00分 まで
場所 全学教育推進機構HALC1(A212)
カレンダーに追加 vCal
iCal

講師

 佐藤浩章(全学教育推進機構 教育学習支援部 准教授)

目的

大学教員の公募書類において、教育業績を適切に評価してもらうために、書き方のノウハウを身につける。

到達目標

1.公募書類に求められる教育業績において求められる記述内容を説明できる。
2.自らの教育哲学を言語化できる。
3.教育哲学に対応する教育方法を選択できる。
4.教育の成果を記述する方法を説明できる。

 概要

 大学教員の公募書類においては、教育業績を書く必要があります。そこにはどのような内容を書けばよいのか、どのように書けば高い能力を示せるのか、入れ込むべきトレンド・キーワードは何かについて学びます。参考程度に、模擬授業の準備方法についても簡単に学びます。

RDF領域: 

B3 能力開発・キャリア開発、B2 自己管理

キーワード:

公募書類(application document)、教育業績(teaching performance)

受講対象者

研究者(ポスドク・若手教員など)、大学院生

定員

30名(先着順)

主催

全学教育推進機構(教育学習支援部)、キャリアセンター

申込 

------------------------------------
活動報告

大学教員の公募書類における書き方を身につけるのためのセミナーが行われました。写真は当日の風景です。

〔参加者の声〕

◎ 実際の公募書類を呼んで審査員の立場になって考えることができた。       

◎ グループワークの話し合いで、より具体的に、今後の応募資料作成などを考えることができました。

« 2018 年 4月 »
4月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930
これからのイベント
CLE講習会(入門編)【4/25豊中】 2018年04月25日 13時00分 - 14時50分 — 【豊中】サイバーメディアセンター 豊中教育研究棟 3階 情報教育第3教室
これからのイベント...
This is themeComment