コンテンツに飛ぶ | ナビゲーションに飛ぶ

Personal tools
現在位置: ホーム / イベント / 【活動報告】伝わるスライドデザインの基本

【活動報告】伝わるスライドデザインの基本

日時 2018年03月01日
13時00分 から 15時00分 まで
場所 全学教育推進機構HALC1(A212)
カレンダーに追加 vCal
iCal

講師

浦田 悠 (全学教育推進機構 教育学習支援部 特任講師 )

目的

研究発表等で用いるスライドデザインを改善し,効果的に提示できるノウハウを身につける。

到達目標

1.見やすく,わかりやすいスライドの原則を説明できる。
2.研究発表等のスライドをより伝わるデザインに改善できる。
3.効果的にスライドを提示できる。

概要

 ゼミ発表や学会発表など、研究内容を発表する場において、目を引くスライドにしようとして、イラストやアニメーションを多用したり、派手な背景アートを使ったりしていませんか?あるいは、PowerPointのテンプレートそのままのアートワークや単調な箇条書きだけのスライドを作っていませんか?
 見やすく伝わりやすいスライドのデザインには、守っておきたいいくつかの原則があります。このワークショップでは、それらの原則を紹介するとともに、普段皆さんが作成しているスライドを相互に改善するワークを行い、スライドでのプレゼンテーションに幅広く使えるスキルを提供します。これまで、体系的にスライド作成の方法を学んだことがなく、さらに伝わるデザインへとブラッシュアップしたい方の参加をお待ちしています。

※可能であれば,普段の研究発表等のスライドが入ったパソコン,もしくはスライドをプリントアウトしたものをご持参ください。

RDF領域: 

D2 コミュニケーションと普及、D3 エンゲージメントとインパクト

キーワード:

スライド、デザイン、プレゼンテーション

受講対象者

大学院生

定員

30名(先着順)

主催

全学教育推進機構(教育学習支援部)、キャリアセンター

申込

------------------------------------
活動報告

効果的な講義資料の作成方法を学ぶセミナーが開催されました。写真は当日の風景です。

TSW伝わるスライド1TSW伝わるスライド2
〔参加者の声〕

◎ スライド作成でNGな点がよくわかりました。   
◎ 講義で説明を受けたあと、自分のスライドを確認できたのが良かった。

« 2018 年 6月 »
6月
12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
これからのイベント
第14回 コースデザインワークショップ(2日間/通い型) 2018年07月14日 - 2018年07月15日 — 全学教育推進機構 HALC2(A棟312)
これからのイベント...
This is themeComment