コンテンツに飛ぶ | ナビゲーションに飛ぶ

Personal tools
現在位置: ホーム / イベント / 【活動報告】「きちんと伝える」ためのパラグラフ・ワークショップ

【活動報告】「きちんと伝える」ためのパラグラフ・ワークショップ

日時 2018年02月27日
13時00分 から 14時40分 まで
場所 全学教育推進機構HALC1(A212)
カレンダーに追加 vCal
iCal

講師

目的

 研究活動の広報や、就職活動において、自分の研究内容を的確に伝えるために、アカデミック・ライティングのパラグラフ作成手法を応用し、準備することを目的とする。

到達目標

1.自分の研究活動や成果を、あらためて整理し、情報発信するための準備ができる。
2.自分の研究紹介を、コンパクトかつ的確にできるようになる。

概要

  大学院生、研究者には、社会に対しその研究成果や価値を発信することが求められます。特に就職活動の際には、(おそらく)非専門家である面接者に、自分の研究や活動の価値を短時間でうまく伝える必要があります。思い付きをダラダラ話していたのでは、それを実現することはむずかしく、「コンパクトかつ的確な表現」をすることが求められます。
 本ワークショップでは、事前に自分が伝えたいことを整理してきていただく課題を基にディスカッションします。また、アカデミック・ライティングの手法である、パラグラフ・ライティングを学び、その成果を利用し、研究関係の内容を「コンパクトかつ的確に」書き出してみるワークをします。
 本ワークショップに参加することによって、改めて自分の研究活動を振り返り、他者にうまく伝えるコミュニケーション力が身に付くことが期待できます。 「あなたは何がいいたいのか良くわからない」と言われてしまう方、是非ご参加ください。

※事前に簡単な作業課題をしてワークショップに参加していただきます。
 課題作業に時間が必要なため、2/23(金)正午までにできるだけ参加申し込みしてください。
 申し込まれた方に順次作業の連絡をいたします。
 完全必須ではありませんが、できれば「パラフレーズ・ワークショップ」とセットで出席して下さい。

RDF領域: 

D2 コミュニケーションと普及、D3 エンゲージメントとインパクト、C1 専門家としての行動

キーワード:

アカデミック・ライティング 

受講対象者

大学院生

定員

30名(先着順)

主催

全学教育推進機構(教育学習支援部)、キャリアセンター

申込 

------------------------------------
活動報告

自分の研究や活動の価値を短時間でうまく伝えるためのセミナーが開催されました。写真は当日の風景です。

きちんと1きちんと2
〔参加者の声〕

◎ 初めてパラフレーズ・ワークショップを受けたが、具体的でわかりやすかった。

◎ 研究をふりかえり論文作成のためになりました。

« 2018 年 6月 »
6月
12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
これからのイベント
第14回 コースデザインワークショップ(2日間/通い型) 2018年07月14日 - 2018年07月15日 — 全学教育推進機構 HALC2(A棟312)
これからのイベント...
This is themeComment