コンテンツに飛ぶ | ナビゲーションに飛ぶ

Personal tools
現在位置: ホーム / イベント / 【活動報告】クリティカル・シンキングに基づいた英語論文の書き方セミナー

【活動報告】クリティカル・シンキングに基づいた英語論文の書き方セミナー

日時 2018年01月23日
14時00分 から 15時30分 まで
場所 豊中キャンパス 附属総合図書館6階 図書館ホール
カレンダーに追加 vCal
iCal

講師

 目的

クリティカル・シンキングを用いて英語論文の書き方を学ぶ 

到達目標

適切な問題設定を始め、ロジカルな立論や効果的な分析・考察を経て、説得力のある結論に結びつけるための初歩的理論を習得する。

概要

 Transferable skillsとしてのクリティカル・シンキングは、近年日本の多くの大学でも様々な場面において導入されている。海外では、クリティカル・シンキングの理論が論文執筆の活動においても活用されているが、日本ではまだ広く実践されていません。ぜひこの機会で、勉強してみませんか。

RDF領域: 

A2 認知的能力、D2 コミュニケーションと普及、A1 知識基盤

キーワード:

 アカデミック・ライティング

受講対象者

海外誌に投稿する予定のある大阪大学の研究者、大学院生
FDの視点から、クリティカル・シンキングに基づいた論文の指導法を知りたい教員等

定員

80名(先着順)

主催

経営企画オフィスURA部門、附属図書館

協力

全学教育推進機構(教育学習支援部)、キャリアセンター

申込

------------------------------------
活動報告

ロジカルな立論や効果的な分析・考察を経て、説得力のある結論に結びつけるための初歩的理論を習得するセミナーが行われました。

〔参加者の声〕

◎ クリティカル・シンキングについて理解を深めることができた。

◎ 自身の研究に役立つ内容だったので、複数回、開催して欲しい。

« 2018 年 8月 »
8月
1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031
これからのイベント
アクティブラーニング型反転授業を創る! 2018年09月03日 13時00分 - 15時00分 — 【豊中】全学教育推進機構 A棟 3階 HALC2
これからのイベント...
This is themeComment