コンテンツに飛ぶ | ナビゲーションに飛ぶ

Personal tools
現在位置: ホーム / イベント / 学際研究の潮流と多様なアクター間の連携

学際研究の潮流と多様なアクター間の連携

日時 2018年01月16日
13時00分 から 14時30分 まで
場所 全学教育教育推進機構 全学教育総合棟Ⅰ 341号室
カレンダーに追加 vCal
iCal

目的

大学では様々な専門分野で日々「知」が生産されています。一方で、現代社会の課題解決に貢献する社会ニーズが高まっていますが、単なる「連携」による「知」の寄せ集めでは現代社会の課題に取り組むことは困難です。本研修では各分野の「知」を統合し包括的な理解を生み出すための取り組み「学際研究」について理解を進めたいと思います。

到達目標

1. 学際研究のプロセスと理論を理解する。

2. 学際研究の潮流を理解した上で、多様なアクター間の連携の意味を理解する。

概要

基礎研究を含む既存の専門分野の概観、および学際研究の定義づけを行い、学際研究がなぜ生まれどのように発展してきたのかについて解説します。また近年動きが活発になっている超学的アプローチ(Transdesiprinary research)について、事例を取り上げながらアクター間の連携の在り方について議論します。

講師

上須道徳(COデザインセンター 特任准教授)

教員研修プログラム区分

社学連携能力開発プログラム

対象

大阪大学全教職員

定員

20名

主催

COデザインセンター

申込

終了しました。

« 2018 年 7月 »
7月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031
これからのイベント
シラバス作成法(吹田) 2018年07月31日 14時40分 - 16時40分 — 【吹田】コンベンションセンター会議室3
これからのイベント...
This is themeComment