コンテンツに飛ぶ | ナビゲーションに飛ぶ

Personal tools
現在位置: ホーム / イベント / 専門外の人に研究の内容と意義を分かりやすく説明する方法(TSW03)

専門外の人に研究の内容と意義を分かりやすく説明する方法(TSW03)

日時 2017年02月22日
18時30分 から 20時00分 まで
場所 全学教育推進機構HALC2(A312)
カレンダーに追加 vCal
iCal

講師

根岸千悠(全学教育推進機構

家島明彦(全学教育推進機構)

 

概要

 専門外の人に自分の研究の内容と意義を分かりやすく説明することはできますか?専門用語を使わずに分かりやすく伝えるのは、なかなか難しいことです。研究者には専門外の人に自らの研究の内容や意義を分かりやすく説明する力が求められます。
 本ワークショップでは、自分の研究のエッセンスを他の参加者に伝えるワークを通して、自らの専攻分野の研究の内容や意義を専門用語を使わずに分かりやすく説明する方法を模索します。
 本ワークショップに参加することによって、専門外の人に自らの専攻分野の研究の内容や意義を分かりやすく説明する能力と技能が身に付くことが期待できます。自らの研究を社会に役立てたい方、研究知見を市民と共有するサイエンスショップやサイエンスカフェに興味がある方、是非ご参加ください。

RDF領域: コミュニケーションと普及(D2)・エンゲージメントとインパクト(D3)

キーワード: 説明する力,サイエンスショップ,パブリック・エンゲージメント

 

定員

30名(先着順)

 

申込み

------------------------------------

活動報告

   専門外の人に自分の研究の内容と意義を分かりやすく説明することを学ぶセミナーが開催されました。写真は当日の風景です。
〔参加者の声〕
◎実際に伝えるワークを体験でき、研究のことについて考える機会になった。
◎研究分野の異なる人と交流ができた。
« 2017 年 12月 »
12月
12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31
これからのイベント
コミュニケーション教育導入法(豊中) 2017年12月18日 15時30分 - 17時30分 — 【豊中】全学教育総合棟Ⅰ 2階 ステューデント・コモンズ セミナー室D
これからのイベント...
This is themeComment