コンテンツに飛ぶ | ナビゲーションに飛ぶ

Personal tools
現在位置: ホーム / イベント / 【活動報告】平成28年度 教育の国際化のためのFDワークショップ-学習者中心のアプローチを学ぶ-

【活動報告】平成28年度 教育の国際化のためのFDワークショップ-学習者中心のアプローチを学ぶ-

日時 2016年09月13日 10時00分 から
2016年09月16日 17時00分
カレンダーに追加 vCal
iCal

【学内教員向け】

*こちらは英語版・通い型コースデザインワークショップ[09月13日(火)~09月16日(金)]のご案内ページです。

主催:全学教育推進機構教育学習支援部
共催:
国際教育交流センター
    
工学研究科CARENプロジェクト
          
サイバーメディアセンター

日時

平成28年9月13日(火)~ 9月16日(金)
10:00〜13:00(全日)・14:00〜17:00(隔日2日間のみ)
※  全プログラムへの参加が必須となります

場所

大阪大学 豊中キャンパス サイバーメディアセンター7階 大会議室

目的

①学生の立場から教育を捉え、理論と実践を通してコースデザインの方法を身につける

②英語による授業を実施するための方法を身につける

主な対象者

①教育の国際化に対応し、教育方法の改善、及びより良い教育の提供に感心を持つ教員

②将来的に本学(各部局)において「教育の国際化」やFDに積極的に関わることが期待されており、
 各部局から推薦された教員

使用言語

英語

参加費

無料 
* 交流会の費用は実費をご負担いただきます。

受講定員

30名

講師

ジュリー・ティマーマンズ氏 (Centre for Teaching Excellence, University of Waterloo, Canada) 他

 

プログラム


午前
Ⅰ.コースデザイン-Course design-
 日程及び各日のテーマ(時間は各日10-13時):
  9月13日(火)Course Content
  9月14日(水)Learning Outcomes
  9月15日(木)Instructional Strategies
  9月16日(金)Assessment

午後(隔日参加)
Ⅱ.マイクロティーチング-Microteaching-(5分間の模擬授業)
 時間: 14~17時(A班又はB班のどちらかで参加)
 班分け: A班:9月13日(火)・15日(木)
          B班:9月14日(水)・16日(金)

概要

2 回のマイクロティーチング(模擬授業)を通して、教え方を実践的に学 ぶ。参加者は自身の担当科目について1人5分のマイクロティーチングを行い、講師やCo-instructor、および他の参加者からコメントやフィード バックを得る。マイクロティーチ ングは撮影され、各自自分が撮影されたデータが渡される。2回目のマイクロティーチングまでに、参加者は自分が撮影されたデータを観て、改善点等を検討 し、それを踏まえて準備を行い、2回目のマイクロティーチングを行う。記録されたデータはご本人にお渡しするので、公開されることは一切ありません。安心してご参加頂けます。

ワークショップの様子

昨年の活動報告はこちらをご覧ください。 

申込み

終了いたしました。

English information is here.

------------------------------------

活動報告

 英語版コースデザインワークショップが4日間にわたって開催されました。写真は当日の風景です。
〔参加者の声〕
◎ We can learn from creation to evaluation of the course in 4 days.
◎ Giving us the opportunities to consider course design, as well as to discuss persons in the different field.


お問い合わせ先

全学教育推進機構教育学習支援部
大山(内線:5659)・川口(内線:5606) 
E-mail: tlsc<AT>celas.osaka-u.ac.jp [<AT> は @ にしてお送り下さい

タグ:
« 2017 年 12月 »
12月
12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31
これからのイベント
講義法(豊中) 2017年12月13日 13時00分 - 15時00分 — 【豊中】全学教育総合棟Ⅰ 2階 ステューデント・コモンズ セミナー室B
これからのイベント...
This is themeComment