コンテンツに飛ぶ | ナビゲーションに飛ぶ

Personal tools
現在位置: ホーム / イベント / 【活動報告】第6回 コースデザインワークショップ(宿泊型)

【活動報告】第6回 コースデザインワークショップ(宿泊型)

日時 2015年08月20日 09時00分 から
2015年08月21日 15時00分
場所 スペースアルファ神戸(予定)
カレンダーに追加 vCal
iCal

 *こちらは宿泊型(08月20日(木)~08月21日(金))のご案内ページです。

 通い型(09月01日(火)~09月03日(木))をご希望の方はこちらをご覧ください。 

 

目的

学生の学習を促すために、よりよい授業のデザイン方法と基本的な授業方法を身につける。

到達目標

① 適切に授業目的・目標を設定できる。 
② 自学自習を促すシラバスを書くことができる。
③ 様々な授業方法の中から、目的・目標にあったものを選択できる。
④ 様々な学習評価方法の中から、目的・目標にあったものを選択できる。
⑤ アクティブラーニングを促す教育技法を、自らの授業で導入することができる。
⑥ 継続的な授業改善に必要な部局・機関を超えた人的ネットワークを構築する。

主な対象者

これから授業を担当する教員、すでに授業経験のある教員でシラバスと授業方法をよりよいものにしたい教員

参加費

無料 
* 交流会の費用は実費をご負担いただきます。
* 大阪大学以外の方は交流会の費用とあわせて宿泊費の実費をご負担いただきます。

受講定員

30名

講師

佐藤浩章、竹村治雄、家島明彦、浦田悠、大山牧子、根岸千悠(教育学習支援センター)

内容

◆ 1日目
・ オープニング (研修の目的・目標の確認/スタッフ紹介とお願い)
・ アイスブレーキング (参加者自己紹介/緊張緩和のためのグループワーク)
・ ミニ講義(Ⅰ何が学生の学びを促進させるのか/Ⅱシラバス作成法/Ⅲ様々な授業方法/Ⅳクラスデザイン法)
・ ワーク( 【共通のコースの開発】 Ⅰ目標設定/Ⅱ授業計画/Ⅲシラバス作成/Ⅳ・Ⅴ授業計画書作成)

◆ 2日目
・ ワーク( 【共通のコースの開発】 Ⅵ模擬授業の練習)
・ 模擬授業
・ クロージング(ふりかえり)

注意事項(第6回ワークショップ(宿泊型研修))

※ 与えられた学習テーマに基づき、グループ内メンバーで同一のシラバスを作成します。まだ授業を担当したことがない教員、連続する授業の一部しか担当していない教員、グループで課題を遂行する学習スタイルを好む教員、短期間で集中して学習したい教員の皆様に推奨します。
※ 当日の朝に豊中キャンパスから蛍池駅経由で現地にバスで移動します。集合時間に遅れた方は、各自でスペースアルファ神戸までの移動をお願いいたします。(その際の移動にかかる費用は自己負担でお願いいたします。)
※ 通し研修となりますので、途中からの参加・退出はできません。

テキスト

『大学教員のための授業方法とデザイン』(佐藤浩章編著、玉川大学出版部)
※参加者の皆様には配布されます。 

ワークショップの様子

第1回(宿泊型研修)の活動報告はこちらをご覧ください。 

申込み

 申し込みを締め切りました。
 * 次回は2016年2月11日(木)~12日(金)を予定しております。

------------------------------------

活動報告

 第6回 コースデザインワークショップ(宿泊型)が1泊2日の日程で開催されました。写真は当日の風景です。

〔参加者の声〕

◎ プログラムを見て、朝から晩までのぎっちりスケジュールに驚きましたが、講義とワークが組み合わされており、2日があっと言う間でした。
◎ 基本的に授業はひとりで考えて進めてきたが、シラバス作成から授業案まで、人と話をしながら検討することで、客観的に考えることができることを改めて感じた。また、模擬授業でコメントをもらったり、コメントしたことは今後の授業改善に重要な情報を得る機会となった。
◎ 学外からの参加でしたが、アイスブレイクやお題を設定したワークを入れてもらったので気になりませんでした。ワークの際もスタッフの方に相談しやすかったですし、資料や道具、環境など、作業に取り組みやすい工夫がされており、自分の授業でも参考にしたいと思いました。
« 2017 年 12月 »
12月
12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31
これからのイベント
ルーブリック評価(吹田) 2017年12月14日 16時20分 - 18時20分 — 【吹田】コンベンションセンター 研修室
これからのイベント...
This is themeComment