コンテンツに飛ぶ | ナビゲーションに飛ぶ

Personal tools
現在位置: ホーム / イベント / 【活動報告】大人数講義法をもっと魅力的にする30の技法【吹田:120分】

【活動報告】大人数講義法をもっと魅力的にする30の技法【吹田:120分】

日時 2015年06月22日
13時00分 から 15時00分 まで
場所 コンベンションセンター 研修室
連絡先名称 教育学習支援センター
カレンダーに追加 vCal
iCal


* 本セミナーは4/10(豊中キャンパス)でも開催されます。 

講師

佐藤浩章(全学教育推進機構)

概要

大人数の講義法は数ある教育技法の中でも最も難易度の高いものです。大人数講義の担当者からは、「私語が多い」「資料配布やレポート採点がたいへん」という声が聞かれます。一方で、150人を超えると学生の満足度は高まるというデータもあります。大人数講義の特殊性を理解し、大人数を逆手に取る発想を用いれば、その雰囲気を変えることも可能です。今回は、誰にでも実践可能な30の授業技法を紹介しながら、大人数講義をもっと魅力的にする方法を考えます。大人数講義を担当されている方のみならず、これから担当する予定の方のご参加もお待ちしております。

過去の様子

過去の様子はこちらをご覧ください。

申込み

終了いたしました。

-----------------------------------

活動報告

 大人数講義をより魅力的にするための30の授業技法を学ぶセミナーが開催されました。写真は当日の風景です。

 〔参加者の声〕
◎ 具体的かつ、すぐに実行できそうなものでとてもよかった。

◎ 大人数の講義をちょうど3つ担当しているので、具体的にクラスの運営方法を考えるきっかけになりました。

タグ:
« 2019 年 1月 »
1月
12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031
これからのイベント
Effective Science Writing and Usage of Tables and Figures(説得力のある英語研究論文を書くコツと図表の効果的な使い方) 2019年01月23日 14時00分 - 16時00分 — 豊中キャンパス 理学研究科J棟2F 南部陽一郎ホール、 Nambu Yoichiro Hall, 2F Bldg. J, Graduate School of Science, Toyonaka Campus
これからのイベント...
This is themeComment