コンテンツに飛ぶ | ナビゲーションに飛ぶ

Personal tools
現在位置: ホーム / イベント / 【活動報告】ルーブリック評価入門 〜時短・ブレない・公平な評価方法〜【吹田:120分】

【活動報告】ルーブリック評価入門 〜時短・ブレない・公平な評価方法〜【吹田:120分】

日時 2014年11月27日
15時30分 から 17時30分 まで
場所 コンベンションセンター 研修室
連絡先名称
カレンダーに追加 vCal
iCal

ルーブリック評価入門

* 本セミナーは2015年4月17日(豊中)8月31日(吹田)でも開講されます。

講師

佐藤浩章(全学教育推進機構) 

概要

 1枚目のレポートの採点基準と50枚目のそれがずれていると気になったことはありませんか?評価にかける時間をもっと短縮できたらと思ったことはありませんか?ルーブリックがそんな悩みを解決してくれます。ルーブリックとは、教育・学習成果の評価の厳密化と効率化を進めるために使われる評価ツールです。本セミナーではルーブリックの作成手続きと様々な事例を紹介しながら、研修時間内に自らの授業で活用できるルーブリックを作成します。成績評価の厳密化と効率化を進めたい教員だけではなく、カリキュラム・プログラム評価に関心のある教職員、人事評価に関心のある教職員の方にも有用な内容です。

※参加者は事前に送付されるファイルを取り込んだパソコンを持参ください。持参できない場合はパソコンを使わずに紙で作業もできます。

過去の様子

 2013年度実施の活動報告はこちらをご覧ください。

------------------------------------

活動報告

  自らの授業に関わるルーブリックを実際に作りながら、評価方法を学ぶセミナーが開催されました。 

〔参加者の声〕 
◎ 実際のワークを通して授業そのものを見直すことができました。今後の課題が見つかりましたので、早速、改善に活かしたいと思います。

◎ 前から作りたいと思っていたが、やはり話を聞きながらだとやりやすい。出ていたレポート課題のルーブリックが役だった。

タグ:
This is themeComment