コンテンツに飛ぶ | ナビゲーションに飛ぶ

Personal tools
現在位置: ホーム / イベント / 【活動報告】「高校教員・研究者・大学院生が共に議論する授業」の紹介

【活動報告】「高校教員・研究者・大学院生が共に議論する授業」の紹介

日時 2014年03月15日
14時00分 から 17時30分 まで
場所 文法経本館2F 文学部大会議室(予定)
カレンダーに追加 vCal
iCal

講師

桃木至朗(文学研究科)

概要

ある分野の学問の最先端(この例では歴史学)を、学界外(特に高校教員や他分野の研究者・学生)に向けて要約・解説する能力(いわば「コミュニケーター」としての能力)を身につけたり、そこに各自の専門研究を位置づける能力を養ったりするための授業の方法として、多彩な立場(教員・社会人・研究者・学生)の受講生が参加する講義を実際に参観していただく形式で、種々のヒントを得てもらうことを予定しています。

【平成26年3月15日(土)の授業実施内容(予定)】
■3月例会報告1
熊本県の高校教員による高校生向けの世界史集中学習会と、教員同士の読書会について報告し、先行する神奈川県の取り組みとも対比しながら、大学・専門研究者と高校現場の共同のあり方について討議する。
■3月例会報告2
中国皇帝権力と中国内部のイスラーム社会との関係に関する大学院生の報告を題材として、最新の研究成果にもとづいた高校教育や大学教養教育をどう組み立てるかを報告・討論する。

定員

15名

活動報告

当日は、1名の参加者がありました。

タグ:
« 2018 年 1月 »
1月
123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031
これからのイベント
クリティカル・シンキングに基づいた英語論文の書き方セミナー 2018年01月23日 14時00分 - 15時30分 — 豊中キャンパス 附属総合図書館6階 図書館ホール
これからのイベント...
This is themeComment