コンテンツに飛ぶ | ナビゲーションに飛ぶ

Personal tools
現在位置: ホーム / イベント / 【活動報告】ワークショップを いかに授業に取り入れるか

【活動報告】ワークショップを いかに授業に取り入れるか

日時 2014年02月19日
15時00分 から 16時30分 まで
場所 全学教育推進機構 ステューデントコモンズ1階・開放型セミナー室
連絡先名称
カレンダーに追加 vCal
iCal

講師

森 秀樹(教育学習支援センター)

概要

近年、社会教育の場を中心に、「つくる」活動を通じた協同的な学びの場としてワークショップが注目されています。このようなワークショップは社会教育だけに留まらず、大学教育においても授業の導入などに取り入れることにより、学生が主体的に学ぶきっかけとなる大きな可能性を持っています。本講座では、実際にワークショップを体験しながら、授業にどう取り入れていくことができるのかについて考えていきます。

 活動報告

当日は、8名の参加者がありました。以下は参加者の声となっております。

 〔参加者の声〕
 ◎ 自分自身が楽しめたので授業を実施するモチベーションが上がった。
 ◎ 実際に体験できてよかった。
 ◎ 自身がワークショップ参加者としての経験を通じその可能性と課題を実感できた

※本セミナーは2014年度も実施いたします。

タグ:
« 2018 年 5月 »
5月
12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031
これからのイベント
講義資料の作成と活用(豊中) 2018年05月24日 16時20分 - 17時50分 — 【豊中】全学教育講義C棟 2階 HALC4 (C208)
これからのイベント...
This is themeComment